ネイルサロンARIA ネイル用語集 ア行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 カ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 サ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 タ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 ナ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 ハ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 マ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 ヤ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 ラ行 ネイルサロンARIA ネイル用語集 ワ行
ネイルサロンARIA ネイル用語集 ア行
アーティフィシャルネイル 人工爪のこと。一般的にスカルプチャーのことを意味します。
アクティベーター グル−を固める媒体をさします。スプレータイプやブラシタイプがあります。
アクリリック(アクリル) アクリル樹脂のことですが、ネイル業界では一般的にアクリルパウダーとアクリルリキッドで作るつけ爪のことを意味します。
アクリルニッパー アクリルネイルなどをカットするためのハサミ。そのまま使用せずアクリルネイルはアセトンなどに浸して柔らかくしてからカットするのが基本。
アクリルパウダー(ポリマー) スカルプチャーの元となる粉。アクリル樹脂の元となるパウダー。アクリルリキッドと混ぜてミクスチャーと呼ばれるアクリル樹脂を作り人工爪を作成。
アクリル絵の具 速乾性・耐水性のネイルアートに使用される一般的な絵の具。
アセトン 除光液(リムーバー)の主成分でもあり、主にアクリリックネイルを外す際に使用します。大変危険な薬品ですので使用の際は皮膚をオイルなどで保護し、室内の換気を良くして使用する必要があります。
甘皮(キューティクル) 爪の生え際にある薄い皮のことで、出来たての爪を保護しています。美しくカラーリングする為には、定期的にお手入れをする必要があります。
アルコール(エタノール) 消毒用のエタノールを意味します。エタノールは薬局で購入することが出来ます。
イエローライン ネイルベットとフリーエッジの境目の部分。
ウォーターマーブル ネイルアートの一種。通常のマーブルと違い、水を入れたカップにネイルカラーを数種類落とし、つまようじなどでかき混ぜてマーブリングし爪をカップに入れてアートを爪表目に付着させるアートのこと。
ウォーターマニキュア お湯を張ったマニキュアボウルに指を入れてネイルケアをすること。もっとも一般的なネイルケア方法。
ウッドスティック
(オレンジウッドスティック)
オレンジの木で作られた木の棒。一般的には「オレンジウッドスティック」と言ってコットンを薄く巻いて使ったりします。オレンジの木は栽培が禁止されているため現在ではバーチ(白樺)の木が使用されています。
エアブラシ アクリル絵の具を霧状にして吹きつける器具。
エクステンション ネイル業界ではスカルプチャーのことを意味します。
エメリーボード
(ガーネットファイル)
自爪用の紙ヤスリ。粗い目から細かいものまで用途によって使い分ける。
オーバークローン
キューティクル
爪の症状の一種。甘皮が多く被ってしまい過剰に甘皮が伸びている状態のこと。ネイルケアにより改善できる。
オーバーレイ
(チップオーバーレイ)
チップを爪の途中からグルーで装着し、その上をアクリルやジェルなどでコーティングし強度を増すつけ爪の技法の一種。
オーバル 爪の形の一種。卵型のシェイプ。エレガントな感じに仕上がる、女性らしい形。
ネイルサロンARIA ネイル用語集 カ行
カラーパウダー
アクリルパウダーに色がついたもの。スカルプチャーや3Dアートに使用する。
カラーチップ
チップオーバーレイの際に用いるカラフルなハーフチップのこと。簡単にカラーフレンチネイルを作ることが出来る。
カラーリング
ネイルカラーを塗ること。
クロウネイル
爪の症状の一種。一般的に「わし爪」とも呼ばれる。爪が伸びるにつれて下向きに生える状態を言う。人工爪などで矯正することが出来る。
キューティクル(甘皮)
爪の生え際にある薄い皮のことで、出来たての爪を保護しています。美しくカラーリングするためには邪魔になるので定期的にお手入れをする必要があります。
キューティクル・オイル
健康な爪が生えるために必要な栄養分を含んだネイル専用オイル。ネイルケアの際に甘皮に擦り込んだり、一日数回つけると効果的。
キューティクルクリーン
甘皮をケア(お手入れ)することを意味します。
キューティクル・リムーバー
甘皮を柔らかくし、甘皮処理をしやすくする液体(またはクリーム状のものもあります)
キューティクルニッパー
ささくれをカットしたり、甘皮を整える時に使用するネイル専用のはさみです。
気泡(バブル)
プツプツとした泡が入ってしまう状態。ネイルカラー(ポリッシュ)などを振ってしまった際や体温・周辺温度が高い場合に生じてしまう事があります。
クラック
爪(スカルプチャー)がかけてしまうこと。主にストレスポイントに多く発生する。
クリアネイル
爪全体をクリアのパウダー(ジェル)などで作り上げること。クリアチップを使っても簡単にクリアネイルが楽しめる。
グリーンネイル
爪に出来てしまうカビのこと。原因はスカルプチャーの浮きがほとんど。浮いた箇所に水が入り込み発生する。スカルプチャーを外し、カビ部分をファイルしてしばらくはスカルプチャーをつけないようにしましょう。症状が重い場合は病院に行ったほうが確実。
グリッター
細かいラメの粒をさします。クリアパウダーやネイルカラーに最初から入っている場合もあります。
グリット
ファイル(やすり)の粗さを表す単位。数が少ないほど目が粗い。逆に数が多いと目が細かい。例)80グリット=粗い。240グリット=細かい。自爪には240グリットくらいを、つけ爪にな80グリット〜100グリットくらいの粗さを使用するのが一般的。
クリアネイル
(クリアスカルプチャー)
アクリリックやジェルなどで爪全体をクリアで作り上げるつけ爪のこと。
グルー
ネイル専用の接着剤です。チップ(つけ爪)をつける時や割れた爪の補修にも使用する。
グルーリムーバー
グルーを溶かす液体です。ティップをグルーで貼りつけた際に使います。ティップそのものも溶かすので注意しましょう。
コリンスキー
アクリリックネイルの際に使用するアクリルブラシの毛の種類のことをさします。(イタチの毛の一種です)
ネイルサロンARIA ネイル用語集 サ行
サンディング スカルプチャーを装着する際に自爪表面の光沢をファイルなどで取り去る作業のこと。=エッジング(エッチング)
シザー(ネイルシザー) ネイル専用のはさみ。ネイルフォームやネイルシール・シルクラップ・ファイバーラップなどをカットする際の細かな部分に使える万能なハサミ。
シャイニング
(バッフィング)
爪の表面に光沢を出すために磨き上げること。=バッフィング
シャモアバッファー 鹿皮で出来たツヤだし専用のファイルです。自爪・つけ爪どちらにも使用可能。ただし、使いすぎると爪が薄くなるのでご注意下さい
ジェルネイル ジェルを爪の上に伸ばし、UV(紫外線)ライトで固めて作る人工爪のこと。つややかな仕上りでアクリルリキッドのようなにおいがありません。
消毒液 ネイルケア・つけ爪前に行う消毒に使用します。
シルク 自爪リペアなどに主に使用する絹で作られた布。ファイバーグラスに比べ目の粗さが目立たないのが特徴。グルーを浸透させて使います。
人工爪 スカルプチャー・アーティフィシャルネイル・エクステンションなどの総称。
スカルプチャーネイル アクリルパウダーとリキッドを混ぜたもので作る人工爪。お好みの長さで爪を作れるのが利点。
スクエア 爪の形の一種。爪の先端・サイド共にストレートな形。折れにくく、スカルプチャーにもよく用いられるが角があるので引っ掛け易い。
スクエアオフ 爪の形の一種。爪の先端・サイド共にストレートで先端の角をやや落とした形。最も折れにくいとされている形でサロンでも人気があります。
スタリライザー ニッパーやメタルプッシャーなどを殺菌するための用具を意味します。
ステンシル あらかじめ形が切り抜かれたシート。爪に貼りマニキュアを塗ることで簡単にアートが出来る
ストレスポイント フリーエッジとネイルプレートの境目のことでスカルプチャーなどが一番かけやすい部分を意味します。
スマイルライン フレンチを形取るラインのこと。笑った口元のラインをイメージすることが語源。
3WAY・4WAY 一本で数面の違う粗さで使えるファイルのこと。例)3wayファイル・4wayファイルなど
3Dアート アクリルミクスチャーを使って爪の上に立体的なアートを作ること。
速乾材 ネイルカラーの乾燥を早めるもの。液状とスプレータイプがある。
ソルベント(薄め液) 固くなったネイルカラーを薄める際に使用します。2,3滴入れた上で丁寧に攪拌します。
ネイルサロンARIA ネイル用語集 タ行
ダストオフ ファイリングした際に生じる粉を払い落とす作業のこと。主にネイルブラシなどを用います。
チップ アクリル樹脂で作られた爪のこと。色はナチュラル・クリア・ホワイトなどがあります。
ティップオーバーレイ
(オーバーレイ)
チップを爪の途中からグルーで装着し、その上をアクリルやジェルなどでコーティングし強度を増すつけ爪の技法の一種。
チップオン つけ爪の技法の一種。チップを自爪の途中から貼りつけ、段差をファイリングでなくす最も簡単なつけ爪。強度が無い為、短時間の使用がベスト。
チップカッター チップの長さを短くカットする際に使う専用カッターです。
つけ爪 アートされたネイルチップをそのまま爪に貼りつけるタイプやアクリリックネイル・ジェルネイルなどすべての総称してつけ爪と呼びます。
つけ爪専用トップコート
(UVコート)
通常のトップコートと違いアクリル樹脂を主成分としたトップコート。紫外線をカットする効果が含まれているものがほとんどでつけ爪・ラッピングなどの後には必ず用いる。基本的にリムーバーでは落ちないので自爪には使用しない。
爪やすり(ファイル) 自爪やつけ爪を削る際に用いるボードのことを総称して「ファイル」と呼びます。目の粗さがいろいろあります。
デザインスカルプチャー
(デザインスカルプ)
カラーパウダーで作ったデザインをスカルプチャ−ネイル中に埋め込むアートのこと
トップコート ネイルカラーを塗った後使用するコ−ト剤。光沢を出し、傷がつきにくくなる保護効果もあります
ネイルサロンARIA ネイル用語集 ナ行
ナゲット
(ネイルナゲット)
ネイルアートに使用する金箔・銀箔のこと。
2枚爪 爪の症状の一種。爪の層が2枚にはがれてしまう状態。爪切りを使用するのをやめ、ネイルファイルなどで爪をカットすることで改善できる。また、乾燥や強い衝撃が原因の場合もある。
ネイルウォール(爪廓) 爪の周り覆われた部分。爪のフレームを作る部分。
ネイル・ストレングスナー 折れ易い爪を保護する強化剤。ネイルカラーを塗るように使います。
ネイルアート 爪の上にアートを施すことを総称してネイルアートと呼びます。
ネイルカラー 一般的にマニキュアと呼ばれているものを指します。
ネイルグルー ネイル専用の接着剤です。すぐ固まってしまう恐れがあるので開封後の保管には十分注意が必要です。
ネイルケア 爪の長さを整えたり、甘皮の処理などをすることを意味します。ネイルサロンのメニューによってはネイルケアにカラーリングも含まれる場合もあります。
ネイルシール 爪専用の薄いシールのこと。さまざまなアートがありネイルサロンに行ったようなアートが個人で簡単に楽しめる。各メーカーによって使い方は異なりますが爪の上にはり、トップコートで保護するのが一般的。
ネイルストーン
(ラインストーン)
ネイルアートに用いるキラキラとした石のこと。さまざまな色があり、トップコートで簡単につけられるので、簡単にネイルアートが楽しめる。
ネイルドリル ネイルピアスを開けるための道具。キリのようなもので開けるのが一般的。ネイルマシーンを使えば簡単に開けられる。
ネイルバインディング 爪の症状。爪を噛む癖によりネイルの先端が削られ2枚爪などの症状となること。
ネイルピアス 爪専用のピアスのこと。爪にネイルドリルで穴を開けて使用する。
ネイルフォーム
(フォーム)
スカルプチャーの際に使用する土台となるシールのことを指します。
ネイルブラシ 爪の汚れを落とす際に使うネイル専用のブラシ。その他ファイリングで生じたダスト(粉)などを払う場合にも使えるネイル必須アイテムです。
ネイルプレート(爪甲) 一般的に爪と呼ばれる爪の主な部分。3層で出来ています。
ネイルベース 爪が出来る根元部分。
ネイルベット(爪床) 爪の肉に接している部分。爪の台となる部分。
ネイルサロンARIA ネイル用語集 ハ行
ハイポニキュウム
(爪下皮)
爪の裏の部分。異物が混入するのを防ぐ役割がある。
バッファー 爪の表面に光沢を出す場合に使用するファイルのこと。ブロックタイプやボードタイプなどがあります。
バッフィング 爪の表面に光沢を出すために磨き上げること。
ハイポイント 爪を横から見た状態で一番高い位置にある場所を指します。
ハングネイル 爪の症状の一種。一般的に「ささくれ」と呼ばれる。乾燥などが原因。キューティクルニッパーなどでカットする必要があります。
ファイバー 自爪リペアなどに主に使用する、絹で作られた布。シルクラップに比べ強度があるのが特徴。
ファイリング 爪の長さを整えたりつけ爪では形自体を削ることを意味します。
ファイル(爪やすり) 自爪やつけ爪を削る際に用いるやすりのことを総称して「ファイル」と呼びます。目の粗さがいろいろありますのでお好みでお選びください。
フィラー 自爪が割れた際に補強する粉のこと。グルーで固めます。
フィル つけ爪の浮いてきた箇所をファイリングすること。その後、アクリルミクスチャーで埋めることをフィルインと言う。
フィンガーボール
(マニキュアボウル)
甘皮をふやかす際に使う、手指用の容器。適温のお湯を入れて使用します。
ブーメランファイル
(バナナファイル)
ブーメランのように湾曲したファイルのこと。爪のサイドなどのファイリングに適している。
フォーム
(ネイルフォーム)
スカルプチャーの際に使用する土台となるシールのことをさします。
プッシャー
(甘皮押し)
甘皮を押し上げる際に使用する用具。ステンレス製・プラスティック製・木製などがある。
プライマー ネイル業界ではつけ爪前に使用する接着促進剤&消毒剤の用具を意味します。プライマーは爪の雑菌を減らしアクリルなどの接着を良くします。プライマーは酸性の強い薬品で大変危険なものですので皮膚などにはつかないように十分注意が必要。
ブラシ 一般的にネイル業界では「アクリリックスカルプチャーブラシ」のことをさしますが他にもアートブラシ・ネイルブラシなどさまざまなブラシのことを総称してブラシと呼ぶ場合があります。
ブラシクリーナー アクリリックを使用した際のブラシを洗うための液体です。
フラットアート ペイントアートなどの平面的なアートのこと。
フリーエッジ 爪の先端。指からはみ出た爪部分のこと。
ブリオン ネイルストーンより小さい粒状のアートグッズ。
フレンチスカルプチャー
(フレンチスカルプ)
先端をホワイトで作り上げるスカルプチャーのこと。カラーリング無しで楽しめる人気のデザインです。高度な技術が必要な為、ネイルサロンで作成をおすすめします
フレンチネイル 一般的に爪先(フリーエッジ)をホワイトに塗ることを指します。アートでもスカルプチャーでも作り上げることが出来ます。最近ではホワイトのみならずさまざまなカラーを先端に用いるカラーフレンチも人気です。また、濃い色をネイルプレート部分に持ってくることを「逆フレンチ」などとも呼ばれます。
フレンチチップ ホワイトのハーフウェルタイプのネイルチップのこと。爪の途中からグルーで貼り付けるだけで簡単にフレンチネイルが楽しめる。上からアクリルなどでコーティングするフレンチティップオーバーレイなどにも使用する。カラフルなカラーチップもある。
フローター 自爪の上にアクリリックやジェルなどを乗せて爪を強化する技法。爪が弱い方や爪がへこんでいるいる方などにオススメ。カラーリングの持ちも良くする。
ピンチング(ピンチ) アクリリックネイルが固まる直前に両サイドを強く押しつけることでCカーブの形を整え、折れ難い爪を作るための作業。ただしやりすぎると剥離の原因にもなりうるのでやり過ぎに注意。
ベースコート ネイルカラーを塗る前の保護剤。ネイルカラーの持ちを良くし、自爪の凸凹を滑らかにし、ネイルカラーが自爪に沈着するのを防ぐものなので必ず使用してください。
ペディキュア ペディ(足)+キュア(ケア・お手入れ)。足全体のお手入れのことを意味します。
ボードファイル ボード型のファイル。通常のつめやすりはこの形が一般的。
ポイント 爪の形の一種。先端をとがらせた形。エレガントだが折れ易いので現在ではあまり使われない形。
補修材 自爪が折れた際に使用する用具の総称。シルクラップやファイバーラップが代表的。
ポリッシュ ネイルカラー・ネイルポリッシュ・ネイルラッカーのこと。一般的にはマニキュアと呼ばれる。
ポリッシュオフ リムーバーを使ってネイルカラーを落とすこと。
ポリマー アクリリックのパウダーのこと。
ホワイトスポット 爪の症状の一種。爪に白い点々が生じること。爪の成長と共に移動しいづれなくなる。
ネイルサロンARIA ネイル用語集 マ行
マーブル ネイルアートの一種で、2色のネイルカラーを爪上で混ぜ合わせてデザインすること。
マトリクス(爪母) 新たに爪が作られる部分。損傷すると正常な爪が生えなくなる恐れもある爪の大事な部分。
マニキュア マニ(手)+キュア(ケア・お手入れ)の意。爪だけでなく手全体をお手入れすることです。現在では一般的にネイルカラー(ポリッシュ)のことをマニキュアと呼びますが実際は手のお手入れのことを指します。語源はラテン語。
ミクスチャー ネイル業界ではアクリルリキッドとアクリルパウダーを結合させた樹脂のことを意味します。
モノマー アクリリックのリキッドのこと。
ネイルサロンARIA ネイル用語集 ヤ行
UVトップコート
(UVコート)
紫外線をカットする成分が含まれたトップコート。黄ばみを防ぐのでクリアネイルなどにもオススメ。
ネイルサロンARIA ネイル用語集 ラ行
ラインストーン
(ネイルストーン)
ネイルアートに用いるキラキラとした石のこと。さまざまな色があり、トップコートで簡単につけられる。
ラウンド 爪の形の一種。サイドがストレートで先端にいくにつれやや丸みを帯びた形。強度もあるのでオススメです。
リキッド スカルプチャ−を作る際に使う液体を意味します。
リッジフィラー 自爪の凹凸を埋めるためにベースコートとして用いる。
リペア 一般的には自爪に亀裂が入ってしまったものを補修することを指します。その他スカルプチャーネイルのお直しを意味する場合もあります。
リフト(リフティング) スカルプチャーネイルを装着した後、自爪からスカルプチャーネイルが浮いている状況を意味します。
リムーバー 除光液のこと。ネイルカラーを落とす際に使用。爪が白くならないノンアセトンタイプがオススメです。7日〜10日に一回の使用が望ましい。
ルーススキン 甘皮の下から生えてくる薄い表皮のこと。